Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 86

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 105

slackのAPIでAPIメソッドを使ってできること

開発


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 86

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 105

最近、Slackを使う機会が増えてきました。SlackのAPIを使って便利なことをしてみたいと思いました。Slackのメソッドを使うことでできることの一部を紹介してみようと思います。

tokenの取得

SlackのAPIを使う上で必要になるものが、トークンの発行になります。また、トークンは、決して他の人に知られてはいけませんので、しっかり管理することになります。
https://api.slack.com/custom-integrations/legacy-tokens
こちらからトークンを発行することができます。


Slack APIの叩き方

SlackのAPIを叩く方法はいくつかあります。プログラムを書いてそのコードの中でCURLを実行することで、レスポンスを受け取ることができます。また、Slack API上のTesterを使うことでも、同様のことができます。
https://api.slack.com/methods

こちらに様々なメソッドが用意されているので、使うことができます。

APIを通して、メッセージの送信

chat.postMessage

chat.postMessageメソッドを使用して、チャンネルや個人にメッセージを送信することができます。

引数
  • token
  • channelId(個人のSlackIdでも可能)
  • message:実際に送信したい内容を記述する

ユーザーの情報を取得

users.info

users.infoメッソっどを使うことで、ユーザーの情報を取得することができます。

引数
  • トークン
  • ユーザーid