cssのプロパティのfloatについて

csscss


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 86

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 105

昨日に引き続き、CSSを早く覚えたいということで、プロパティの一つである、floatについて調べてみることにしました。
前回のcssのプロパティのdisplayについてはこちらを参照してください。

 

CSS のfloatとは

floatプロパティを使うことによって、要素の横並びを可能にしています。floatプロパティでは、ボックスの回り込み位置の指定をすることができます。画像以外のボックスの場合、widthプロパティも指定する必要があります。通常縦並びになってしまうことがありますが、floatを使うことによって、横並びにすることができます。

floatプロパティの値

{float :回り込み位置;}

初期値none
継承なし
適用される要素positionで指定された以外

none回り込み指定なし
leftボックスを左寄せ。その後の要素は右側に回り込み
rightボクスを右寄せ、その後の要素は左に回り込み

float プロパティを使うことにより、レイアウトのカスタマイズの自由度が高まったと思います。これから必要な状況に遭遇した時に、floatプロパティを使ってみようと思います。