Go言語入門 0回 (Golangの特徴)

GolangGo-lang


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 86

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 105

これまで、サーバーサイドの言語としてPHPでの開発,フロントエンドの開発として、JavaScript を使って開発をメインで進めてきました。独学で新しい言語を何か一つやりたいと思いました。どうせやるならば人気の言語がいいと思います。そこで最近よく聞く”go-lang”を勉強してみようかなと思いました。

go言語(golang)とは

「Go言語(golang)」はGoogleによって開発されたプログラミング言語の一つになります。プログラミング言語を指す場合に、Golangと指すことが多くなっています。
Go言語はシンプルな言語仕様であり、学習コストが低く、様々な標準パッケージが使うことができます。

go言語の使われる用途

Webアプリケーション開発

これまでサーバサイドの開発として使われて言語して、PHPやrubyなどが存在するが、go言語で同じような用途での使用ができるとされている。

CLIツール作成

コマンドラインインターフェース(CLI)ツールの作成に使うことができるとされています。

Go言語の特徴

コンパイルが高速

C言語などで使われてきたコンパイル型言語。そのコンパイルの速度も早い

処理速度が高速

コンパイル型言語の特徴で実行速度が早いことです。
Go言語では、ソースコードをコンパイルして実行するため高速な実行速度となっています。

並列処理が可能

複数の処理を同時に実行することができるので、処理速度が早い