Gitの仕組み

gitgit


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 86

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 105

gitとは

  • プログラミング時のコードなどの変更を管理する分散型のバージョン管理のシステムのこと。
  • ローカルでの開発の際に変更点の履歴等を管理し、編集前の作業へ戻ることや、変更点を確認することができる。
  • また、Github等を使うことによって、リモートでバージョン管理を行うことも可能である。複数人での開発時に、それぞれのソースコードをローカル環境に取り込んだり、自分の作業をリモートに保管したりすることができる。

コミットハッシュ値とは

gitでのファイルの管理の際に、コミットを行うことでデータが生成されます。そのデータをコミットオブジェクトと呼びます。コミットオブジェクトそれぞれに対して、40文字のIDを発行しています。このIDがコミットハッシュに該当します。

コミットオブジェクトの中身

  • ルートのtreeオブジェクトのハッシュ
  • 親コミット(一つ前のコミット)
  • authorの名前・メールアドレス
  • committerの名前・メールアドレス
  • コミットメッセージ