Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 86

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 105

node.jsを使ってリアルタイムの通信を行いたい

JavaScript, node.js, 開発node.js, socket.io, リアルタイム


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 86

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 105

背景

これまで、ブログの作成等を行ってきました。しかし、リアルタイムで、ブログの更新の検知等に関しては、触ってこなかったことであるので、どのようにすれば、リアルタイムでページを更新できるかを学習する目的でサンプルを作っていきたいと思いました。

リアルタイム通信を行うためには

WebSocketという双方向通信のプロトコルがある

WebSocketというサーバーとクライアント間の双方向通信を行うことができるプロトコルがあるようです。
WebSocketプロトコルを扱うnode.jsのモジュールでSocket.IOというものが用意されているようです。

サーバー側でNode.jsを使うための準備

Node.jsのインストール

node.jsを使うにあたり、バージョンを管理するためのnodebrewをインストールしていきたいと思います。
brew install nodebrew
nodebrew -v # インストールできたことの確認
続いて、node.jsをインストールしていきたいと思います。
# インストールするバージョンの確認
nodebrew ls-remote
# バージョンを指定してインストール
nodebrew install-binary {バージョン指定}
# インストールしたバージョンの有効化
nodebrew use {バージョン指定}
# インストールしたバージョンが有効化されていることを確認
nodebrew ls
# pathを通す.zshrcなど
echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> {使用しているシェルの設定ファイル}
# node.jsを使えることを確認
node -v

最後に

今回は、node.jsをインストールして、使える状態まで行いました。今後は、実際にリアルタイム通信を行うサンプルを作っていきたいと思います。