axiosライブラリを使ってみた

JavaScriptjavascript


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 86

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 105
最近再びフロントエンドの開発する機会があり、javascriptをメインとした開発をしています。その中で、axiosというライブラリを使うことにしたので、どのように使ったのかを紹介したいと思います。

axiosとは

axiosとは何なのかというところから始まりました。ということで色々調べてみることにしました。

axiosとはHTTP通信を簡単に行うことができる、JavaScriptのライブラリのことです。

どのような状況で使用したのか

HTML上でformでパラメータを渡す時にJavaScriptで整形した上でlaravelのコントローラに渡す状況で使用

postで使う

postで使う際に、オブジェクトを作成して、オブジェクトをリストの形で引数に指定する事によって渡すことができました。
var obj = new Object();
obj.url = "URL";
obj.path = "path";
axios.post("/controller/method",obj);