Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 86

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 105

光配線・VDSl・LANによって速度が違う!?徹底調査

インフラ, ネットワークネットワーク


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 86

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 105

ipv4とipv6について
pppoEとIPoEについて

フレッツ光を使っていてマンションやアパートに住んでいる人がたくさんおられると思います。同じ契約内容であっても、建物によって速度が大幅に違うということもあります。
建物によって決められる配線の方式がいくつかありますので、紹介したいと思います。
一戸建ての場合、フレッツ光の配線方式は決まっており、光配線方式となります。マンションやアパートの場合、建物の設備などによって、配線方式が予め決まっており、自動的にその配線方式になってしまいます。

光配線方式

構内の光ファイバーを用いて各戸まで接続する方式となっており、建物に光ファイバーが通っている場合に、使われる方式になります。インターネット回線を利用する上で、通信速度・品質ともに最も安定した回線方式となっております。
下り200Mbps/上り100Mbpsまたは、1Gbpsの通信ができる。

LAN配線方式

構内にLAN配線がある場合に利用できる方式であり、LAN配線が通っている場合に、使われ得る方式となる。LANケーブルの通信品質は悪くはないが、集中して使われることによって速度の低下になってしまいます。
通信速度は、下り100Mbps/上り100Mbpsとなっていて、接続が簡単である。

VDSL方式

光配線もLAN配線もない場合、構内に既存の電話配線を用いて各戸まで接続する方式とされている。電話用の配線を使用して通信をしているため、感染の品質が良くないです。電話配線を使うことで、新たな工事の必要がないが、回線品質が悪く、他の住戸の通信の影響を受けやすいのが特徴となります、通信速度は,(下り100Mbps/上り100Mbps)となっている。

まとめ

ここまで見てきて、インターネットの速度に影響する配線方式があることがわかりました。自分の場合ですと、これまで、VDSLとLAN配線方式を使ったことがありますが、まだ高速で安定している光回線方式の通信を体験したことがありません。VDSLに関しても通常は速度は出るが、常に出るわけでもないといった印象です。これから、固定回線の通信速度の理論値や技術はどのように進化していくのかとても興味があり楽しみです。