laravel 新規ページ作成

2018年9月24日laravel, PHP, フレムワーク, 開発laravel


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 86

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /var/www/html/wordpress/wp-content/plugins/internal-link-building-plugin/internal_link_building.php on line 105
laravelで使われているファザードについて調べてみた
laravel クエリビルダについて調べてみた
laravelでのupdateOrCreateメソッド
laravel でのconfigからパラメータ取得
php artisanコマンドについてまとめてみた
laravel 導入時に躓いた点
laravel 5.6でログインページがみれない(2)
laravel 5.6でログインページがみれない(1)

laravelのプロジェクトでwelcomeページ作成まで

  • コントローラを作成

php artisan make:controller WelcomeController 

  • project/routes/web.phpに設定を追加
  • Route::get('/','WelcomeController@top');

ここでの処理は、ルートドキュメントのパスにアクセスがあった時に、WelcomeControllerのtopメソッドが呼ばれることを意味しています。

  • 作成したWelcomeController.phpにtopというmethodを追加
  • public function top ()
  • {
    return view('welcome@top');
    }

topというメソッドで,view/welcome/top.blade.phpのビューにアクセスされるという流れになります。

ここでは、指定していませんが、第2引数にビュー側に渡したい変数等をcompact()などで設定してあげることで、ビューでもその変数をあつことができるようになります。

  • project/resources/view/welcome/top.blade.phpを作成
  • welcomeページに表示する部分を書く

これで、laravelのプロジェクトのルートにアクセスが来たときに、WelcomeControlleで処理を行い、

viewにパラメータがあれば、渡す部分の完成!

学んだこと


  • laravelでのコントローラからビューへのパラメータ渡しの流れ
  • laravelでのコントローラ作成方法